【自作】ジグヘッド+ワームのローテーションケース。

スポンサーリンク




自作、ジグヘッド&ワームケース その後のその後でございます。

サイズ感的に、デザイン的に、けっこうお気に入りのValleyhillのケース。昨シーズのメバル仕様では、34のワームトレーにジグヘッドを刺したワームを並べていましたが、トレイを3Dプリンタで作ってみました。

2インチくらいまでのワームが置けるサイズで11列を2つ。寒い季節、かじかんだ手でジグヘッドをスリットに挿すよりは、トレイにぽこっと置くだけなのがラクです。

1階のポジションには、ワームトレイ。34のものがピッタリ納まります。(端の耳を少しだけ切り落とすと)ここに予備のワームを入れておきます。

トレイの高さは10mm。1階のトレイの上にのせて蓋の位置に合わせて、ワームがお隣に移動しないようにしました。そのままだとピッチが狭くて、指が入らず取り出しずらいので、フックの部分は壁を下げています。

バレーヒル(ValleyHill) ルアーケースF

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

ブログ村

ランキングに参加しています

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ