ちょい投げ遊動シンカー 下ごしらえ

スポンサーリンク




そろそろメバルからシロギスに移行中の昨今、メバリングからちょい投げにスイッチを短時間で済ませる為に、シンカーの下ごしらえをしておきました。

チョメリグ、キャロシンカー、Mキャロ、ビーンズと遊動式のシンカーが好みです。半遊動分(10cm程度)のラインを通しておいて

片側にスイベル。こちらにジグヘッド、プロラグ等をつけていたスナップを付け替えます。

反対側には、ハリス止め付サルカン。こちらにハリス付きキス鈎を、すっと通してピッと引っ張って装着。キス鈎にサンドワームをつけてちょい投げにスイッチ。シンカーの変更もラインを切らずに行えます。

こちらは遊動ではないけど、買ってず〜〜っと使ってなかった天秤が出てきたので、リングを使ってハリス留め付スイベルをつけてみました。

ちょい釣りのパックロッドには、ガイドにラインを通してスナップが通してある状態になっているので、ジグ単でも、ルアーでも、ちょい投げでも、ラインを結ばず、ちゃっちゃっと開始です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

ブログ村

ランキングに参加しています

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ