Mキャロ、補修&補強

スポンサーリンク




今夏、ちょい投げで活躍している『Mキャロ』。使っているor保管している内に、パイプが…

繰り返し曲げには弱そう… 一体 or テーパーついていれば、力が一点集中しないのだけど…

皮一枚です。

熱収縮チューブで補修しようと思っていましあが、なかなかボディ部が収まる太さのチューブが無かったのと、あったとしても、パイプ部が密着るすまで収縮しないかも、と思いはじめていたので、エポキシ系の2液の接着材で固めることにしました。

まっすぐにしておくのと、接着剤がパイプ内部に入り込まないように、φ0.4mmの真鍮線を通してから、接着剤を盛りました。

テーパーになるように、回しながら多めに盛り付け。案の定、切り目から接着剤がパイプ内部に回り込んで、真鍮線が手では抜けなくなりました。プライヤーで挟んだら、あっさり抜けました。リーダーの通り道は確保されていました。

まだ切れていないものも、切れてからでは、接着剤が回り込んでしまうので、接着材で補強しておきました。

真鍮線は柔らかいので、ピアノ線あたりを通して保管しておけば、少なくとも保管中に折れることはないと思います。

TICT(ティクト) Mキャロ

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

ブログ村

ランキングに参加しています

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ

// Amazon Mobile Popover