ジャングルジム ビーンズ シンカー、パイプ抜け対策

スポンサーリンク




ビフテキに最適なジャングルジムの、ライトゲーム・ロックフィッシュシンカー Beans(ビーンズ)。ちょい投げにも最適です。

リーダーを通して、サルカン付けて、ハリス付きの針を結べば、中通しのリグの完成。

ですが、小さめのサルカンや太めのリーダーだと、サルカンのリング、リーダーの結びめが、シンカーに埋め込まれたパイプを直接押してしまい… 接着はしてあるのでしょうか、繰り返しの投げで、パイプが抜けてしまいます。

こちらのブログ、ボトムリグの新機軸 おさかな釣る釣り補修方法が紹介されているので、抜けてしまっているのは私だけではなさそうです。

パイプとシンカーを接着し直せば良いのですが、パイプに接着剤が流れてしまうと使えなくなってしまうし。繰り返し投げに接着が耐えられるか不安もあるので、ひとまず、こんな対策をしてみました。

結び目、サルカンがパイプにあたらず、シンカーのくぼみに当たって、荷重を受ければよいので、クッションゴムを買ってきました。

ビーンズとサルカンの間にクッションゴムを通して、結び目はクッションゴムの中に収まり、投げたときにサルカンにかかる荷重は、クッションゴムが受けて、ビーンズのくぼみへ。

まだこのサイズでは、クッションゴムがビーンズのくぼみに入ってしまい、ゴムの端がパイプに当たるので、もう少し大きい方が良いようです。

この状態でラインを力を入れて引っ張ると、パイプが2mmくらい浮いてきました。浮かせた状態で、パイプのまわりとシンカーの間に接着材を投入するのが良いかもしれません。

ビーンズシンカーの、この黒ビカリ感がたまりません!?

ジャングルジム ビーンズ シンカー

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

ブログ村

ランキングに参加しています

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ