プラグでメバルを…

先週、そろそろメバルきてるかな?とシーバスタックルで少々メバル調査。PE0.8号だったので、ジグヘッドではなくプラグを使っての調査。するとプラグについてくるメバルを何匹か発見。残念ながら喰わすまではいきませんでしたが、スミスのガンシップ36SSにシーバスが食ってきました。ヒッットしてからしばらくは暴れなかったので、なんだろう?と思っていたのですが、足元まで引き寄せてみると急に元気になってしまた、そこそこサイズのシーバス。寄せて離れてを繰り返してるうちに痛恨のラインブレイク。

メバルシーズン開幕に向けて、プラグを補充しました。ワームはよく釣れるけど、水面直下で喰う瞬間が見れるプラグでの釣りはエキサイティングで楽しいので、今シーズンはプラグ使用割合も増やしていこうかなと。昨シーズンからきになっていたプラグを購入しました。ついでにラインも。

先週のメバル調査でアタリのあった、nadaのビーグルのお仲間のテリア。43mm、4.1gのシンキングペンシルです。ビーグルでは届かないエリアのサーチに活躍してもらう予定です。

昨シーズから、ネット、動画で気になっていた、34のLINK50。34では珍しいハードルアー、50mm、2.7gのシンキングペンシル。サイズ的に、シーバスが食ってしまわないか不安は残りますが、昨シーズンの実績では大きいプラグでもチビメバルが食ってきてるので、大きいサイズも有効かなと購入。

ストリームドライプ45CB。ラッキークラフト ストリームドライブのFCTチューン。昨シーズン、メバル実績のあるプラグ。ロストしていたので補充。

ウエイトが金属でなく、ガラス玉になっています。

マグバイトのミミック。店頭で見るたびに、ボリュームがあるのに透明感のあるボディに、ついにバイトしてしまいました。カラーは渋めの05ロビン。

で、これらのルアーの収納に、仕切りを作りました。母艦はドリームマスターのDM-750F。MEIHOのFシリーズとほぼ同サイズですが、DM-750Fの方が少し薄く、角Rが大きいので小さく感じます。

ルアーはロスト等で入れ替えることが多いので、各ルアーサイズに合わせて枠を作るのではなく、狭めの6列のスリットだけ(一番上は極小ルアーを複数入れるので3分割)にしてみました。

各スリットにルアーが2つ〜4つ収納できて、幅が狭いので、隣のルアーとはお尻と頭がぶつかって重なることがなく、フックが絡まりずらくなっています(LINK50は細身なので、少し重なってしまいますが…)。

定例のちょい釣りは、1~2時間の釣行なので、プラグはこれくらい持っていけば十分です。あと同サイズのワームをセットしたジグヘッドを入れたケースの2つのコンパクトなセットで、メバルは楽しめそうです。

nada(ナダ)TERRIER(テリア)

34 LINK50

FCT ストリームドライブ45CB

マグバイト ミミック

ドリームマスター DM-750F

スポンサーリンク

AD_336

AD_336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20

フォローする

↓気に入って頂けたら、ポッチっとお願いします。
↓同じカテゴリーの人気ブログを発見できます。

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です