ガルプ 汁漏れ対策携帯ケース考(その?)

スポンサーリンク




夏の釣り物、キス、ハゼには、ガルプのサンドワームを使っています。ガルプと言えば、汁漏れがつきもので、みなさん持ち運びにはいろいろと工夫をされているようです。

私も、定番のナルゲンから始まって、MEIHO、DAIWAの防水ケースと使ってきましたが、ワームの種類も増えて、収納力をアップしたいと思い始めて、月下美人ローテーションケースを購入しました。

店頭で見かけることもなくなったので、今回はAmazonではなく、ヨドバシカメラの通販でポチりと。意外とヨドバシにも釣り道具の品揃えが豊富で、送料無料です。

こちらが、現行のガルプセット。MEIHOのFマルチケースに、DAIWAの防水ケースとジグヘッド、手前のスプレーボトルにはガルプ液を入れていて、たまにシュッシュとしています。

DAIWA防水ユニットケース(UC-300DP)と、月下美人ローテーションケース×3の比較。防水マルチケースは、1.5インチのベビーサーディンがちょうど収まるサイズ、2インチのワームははちょっと曲げないと入らないのが残念。月下美人のローテーションケースの内寸は65mmあるので、長めのワームもまっすぐ入り、クセもつかずに済みそうです。

防水ケースといっても簡易防水なので、ガルプ液をひたひたに入れておくと、さすがにじわじわと漏れます。ので、ガルプ液をこちらのクロスに染み込ませています。ダイソーのキッチン用品売り場にあります。結構厚手のものもあるのですが、あまり厚いとガルプ液はたくさん吸収できますが、肝心のワームの収納力が落ちてしまうので、薄手のものが良いと思います。私がつかっているのは1mm程度の厚さ。

話は戻って、ガルプ液が少しもれても(実際には開け閉めの際にパッキン周辺についたガルプ液がまわりに広がる)、周りの物に液がつかないように、3つのケースがバラバラにならないように、ケースに入れて持ち歩きます。

サイズ的に、MEIHOのFマルチに収まるか?収まるといいなぁ〜と思って、3個購入したのですが… 残念。あと1~2mm、惜しい!

横向きに2個はぴったり収まりました。2個入れて、空いたスペースに、補充ガルプ液とジグヘッドを入れるのも有りですが。サンドワーム、ベビーサーディン、フォッグ系の3種に分けたいので、収まりの良いケースを探しま〜す。良いのが見つかったら、ブログにアップします。

カタログに外形寸法が載っていないので、測定しました。同じようなことを考えている方がいらっしゃいましたら、参考にしてください。

外形寸法測定値:85.5×41.4×16.2mm

ダイワ(Daiwa) 月下美人 ローテーションケース

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

ブログ村

ランキングに参加しています

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ

// Amazon Mobile Popover