ちょい投げセット、つくってみた。

スポンサーリンク




モノトーンの薄型ケース。で紹介したケースを使って、これからのシーズinに向けてちょい投げセットを作ってみました。

仕切り板の組み合わせが豊富なケースだったのですが、結局ひとつも使わず、全て自作してしまいました。

入れて込んだ状態。仕切り板をはめ込む出っ張り部を凹形状にしてるので、そこそこハマりこんでいます。

小物入れは、ダイソーのサプリメントケースの8マス。このままだと収まり悪かったので、4つに切り離しました。

ひとつの幅が、ケースの高さと同じだったので、縦入れ。

入れたいものを全部入れしました。右上からハゼクラ、サヨリがいたときのためのぶっ飛びロッカー。底ズル引きの為のシンカー類、ジャングルジムのBeamsとバレットシンカー、激シャロー見えハゼ用の軽量シンカー。シンカーは入れすぎると重くなるので、1つずつしか入れてません。一番下が一度海水に使ったリグ。同じマスに入れてるだけでも結構浸食していくので、わけておきます。左がハリス付きの鈎各種、Mキャロ、キャロシンカー、メインに使う針をまいてある針ケース。

これひとつで、ハゼ、シロギス、サヨリが楽しむ予定です。

76シリーズW210浅型 山田化学

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

ブログ村

ランキングに参加しています

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ

// Amazon Mobile Popover